CKDRECRUITING2022

AboutPEOPLE

新たな海外市場の開拓者を目指して。

入社の決め手

若いうちからチャレンジできる環境。

就職活動では様々な業界を視野に入れていましたが、業界研究や自己分析を進める中で、徐々に製造業を中心に見るようになりました。数あるメーカーの中から当社に入社を決めた理由は、会社説明会で先輩社員が話してくれた個人の意思ややる気を尊重する風土に魅力を感じたからです。
入社後は、金沢営業所に配属され、国内向けに工場のシステムを構築する空圧機器の営業を担当しました。当時の上司が「自由にやってみろ」と送り出してくれる人だったこともあり、新人の時からいろいろなことにチャレンジさせてもらいました。困ったことやわからないことにぶち当たった時には、周りの人たちが気軽に相談に乗ってくれたので、思い切って行動できていたような気がします。入社前に魅かれた当社の組織風土は、間違っていなかったと実感しました。


思い出深いエピソード

お客様から学んだ、仕事に向き合う姿勢。

その後、1年半で自動機械装置の営業に異動。そこで忘れられない事件が起こりました。とあるお客さまから機械クレームがあり、それをきっかけに、日々の私の対応についても厳しいお叱りを受けました。上司に対して担当変更の要望が出たほどです。その時を機に、私の仕事に向き合う姿勢が180度変わりました。常に何が一番お客様のためになるかを深く考え、迷惑をかけたお客様に対して、何を言われても諦めずに精一杯努力し続けました。その結果、そのお客様から「Wさんが担当でよかった」というお言葉をいただいた時は本当に嬉しかったです。その後、私の異動が決まった時には盛大な送別会を開いてくださいました。あの時、お客様に厳しく叱っていただいたことが、自分自身が大きく成長するきっかけになったのは間違いありません。今でも思い出す度に感謝の気持ちでいっぱいになります。


現在の仕事と目標

海外市場のフロンティアを目指す。

入社10年目の時、自動機械装置の海外営業部に異動。現在は海外向けの薬品自動包装機を販売しています。同じ製品でも、国内営業では既存のお客様をいかに深耕していくかが課題、海外営業では新しい市場をいかに開拓していくかを求められます。中国を除くアジア、ヨーロッパ、オセアニアエリアに対して、新規顧客の開拓をメインに、代理店との協業、現地の市場調査など、多岐にわたる仕事に関わっています。どの国、どのエリアで当社の機械が売れるか、仮説を立て、その仮説の立証を自らできることに大きなやりがいを感じています。目指すは、海外駐在。そのためには、現在注力しているアジア地区での当社のシェアを上げ、現地のお客様に必要とされる存在にならなければなりません。まずは自分のスキルを上げ、いつか中国に次ぐ、新たな市場を自ら開拓することが目標であり、夢でもあります。

OFF

過ごし方

休日は、家族と買い物に行ったり、学生時代の友人とBBQを楽しんだりして過ごしています。スポーツジムで汗を流すこともあります。平日は「働き方改革」の動きが浸透してきたこともあり、自由に使える時間が増えました。プライベートの充実は、仕事へのモチベーションにも大きく影響すると感じています。

海外営業/2008年入社
K.W.

学生時代は国際経営学部で学ぶ。ニュージーランドに留学し、人種、宗教をこえた文化交流を経験したことで、「グローバル化」を強く意識するようになる。内定後の大学4年生時には、バックパッカーとして東南アジアの国々を巡り、道中にCKDのタイ工場も訪問。学生時代に旅行した国々を、現在海外営業担当として再訪していることに、縁と喜びを感じている。

営業職社員の仕事
募集要項を見る
PAGETOP