CKDRECRUITING2022

AboutPEOPLE

10年後、エンジニアとして
さらなる飛躍を目指す。

現在の仕事内容

入社の決め手は、若手でも第一線で活躍できる環境。

大学では半導体や電子回路などについて学んでいたため、就職活動時のキーワードは「半導体」でした。そこで出会ったのが当社です。当社について企業研究をするうちに、ものづくりに興味が湧き、会社説明会に参加。その時に先輩から「若いうちから第一線」という言葉を聞き、自分が望んでいる働き方と一致していると思い、入社を決意しました。
入社以来、一貫してリチウムイオン電池用巻回機における電気設計に携わってきました。電気自動車やプラグインハイブリット車、携帯電話などに搭載される電池を製造する機械で、そのほとんどはオーダーメイドです。会社説明会の時、先輩社員から聞いた言葉通り、入社1年目の時から第一線で、電気の分野における、ハード設計からソフト作成、現場調整に至る、ほぼすべての工程に関わっています。


思い出深いエピソード

自分が誇りを持てる仕事、自分がワクワクできる仕事。

当社のリチウムイオン電池用巻回機は、正極・負極・セパレータを高速、高精度で美しく巻き取る「最速巻美」が特徴で、その技術は業界でも高く評価されています。会社としても力を入れている製品に、エンジニアとして関われていることに誇りを感じています。
また、巻回機は一台横4m×高さ2mほどあるとても大きな装置です。この装置の電気分野を自分で設計し、思い通りに動かすという、スケールの大きな仕事はとても面白く、やりがいもひとしお。もちろん、いつも設計が思い通りにいくというわけではありませんが、起きた問題に対して解決方法を模索し、クリアになった時にはこの上ない充実感、達成感を味わえます。この感覚が、日々のモチベーションであり、次の仕事への活力にもなっています。


現在のやりがい

海外での経験がさらなる自信に。

入社3年目の時のことです。私が初めてメイン担当として一から関わった巻回機は、中国向けの新機種でした。新開発要素が多かったことで、開発段階から苦労して完成させたのですが、現地のお客様のところに納入に行った際の最終調整で、当初の予定通りに稼働しないというトラブルが起きました。私は装置の電気担当として、機械担当だった先輩にも助けてもらいながら、考えられる原因に対し、できることをすべて行いました。結果的に無事に装置を動かすことができた時は、心から安堵しました。納入完了後、現地の担当者から「CKDの製品が一番良い」とお褒めの言葉をもらった時の喜びは今でも覚えています。その後も海外向け製品に携わってきましたが、この時、中国で新機種の納入をやりきった経験が今の自信に繋がっています。


今後の目標

「ここでならやりたいことに挑戦できる」。
この環境で働けることに感謝。

今年で入社10年目。振り返ってみると、入社してから今まで、上司や先輩に気軽に相談できる、サポート体制の整った環境で、本当に自由にやらせてもらってきました。当然、裁量の大きさに比例して責任も大きくなります。しかし、だからこそやりがいを持って意欲的に働けています。
次の10年の目標は、今までに関わったことのない、新しい機械をつくること。入社1年目の時より、技術者としてのレベルは格段に上がったと思います。しかし、まだまだ知らなければならないこと、やらなければならないことは山ほどあります。今後は、これまでの10年間で培ってきた知識と経験をベースに、技術者としての腕をさらに磨き、自分の可能性にチャレンジしていきたいと考えています。この会社ならチャレンジできる、何でもできる。そう思える環境にいることがとても幸せです。

OFF

過ごし方

愛知県出身で、野球好きだった父の影響で、長年中日ドラゴンズのファンです。シーズン中は月に2、3回ナゴヤドームに足を運んでおり、ファン同士、全力で応援して盛り上がれる外野席での観戦が定番になっています。また、球団の遠征先まで行くこともあるため、そこでの観光も楽しみのひとつ。職場の同僚と出かけることもあり、先日は夜通し移動しての日帰り旅行を楽しんできました。

設計・開発/2009年入社
T.S.

大学では電子情報工学を専攻。半導体や電子回路を基礎として、ハードウェア技術やプログラミング言語などを学ぶ。入社以来、業界からも注目され、会社としても力を入れているリチウムイオン電池用巻回機の電気設計を担当。上司、先輩、後輩…部署を越えて団結力のある、恵まれた環境で働けることに感謝しながら、エンジニアとして充実した日々を送っている。

技術職社員の仕事
募集要項を見る
PAGETOP