CKDRECRUITING2022

FAQ

よくある質問

採用に関して

採用時に語学力は必要ですか?
回答を見る
採用時の語学力が合否に直結することはありません。語学力は、あくまでもその人のアピールポイントのひとつにすぎません。語学力に自信のない方は、他の"自分の強み"をアピールしてください。ただし、当社も海外展開を進めており、外国語が必要とされる機会はどんどん増えています。入社前・入社後にかかわらず、語学力アップには積極的に取り組んでいきましょう。
回答を閉じる
採用の考え方とポイントについて教えてください。
回答を見る
人物重視です。文理関係なく、人とうまくコミュニケーションがとれることが重要だと考えます。その上で、変化を恐れず、新しいことに前向きにチャレンジしていける人であれば、当社で活躍していただけると思います。
回答を閉じる
技術系の場合、大学院卒と大学卒では有利・不利がありますか?
回答を見る
大学院卒と大学卒を比べてどちらが有利ということはありません。平等に同じ過程で選考していきます。また、それぞれ定員もありません。
回答を閉じる
技術系は、学校推薦が多いのでしょうか?
回答を見る
もちろん学校推薦も実施していますが、自由応募で選考に参加される方もたくさんいます。
回答を閉じる
理系出身ですが、営業職を希望しています。
回答を見る
営業職は、9割以上が文系出身ですが、理系だからといって決して不利になることはありません。むしろ、技術的な知識をあらかじめ備えているという点では、メリットにもなり得ます。ぜひ挑戦してください。
回答を閉じる
留年は、採用には不利になりますか?
回答を見る
留年したこと自体は問題ありませんが、なぜ留年したかは重要だと考えます。
回答を閉じる
留学生の採用はしていますか?
回答を見る
しています!中国、韓国、台湾、ベトナム、インドネシア、ブラジル…など現在では約30名の外国人社員が技術職、営業職、事務職のあらゆる分野で活躍しています。
回答を閉じる

仕事に関して

入社後の配属先はどのように決まりますか?
回答を見る
配属先は、新人を必要としている職場の中から、本人の希望・スキル・適性を全て考慮して決定します。
回答を閉じる
技術職として、海外で仕事をする機会はありますか?
回答を見る
ものづくりはその国の文化、ニーズに適したものでないといけません。現在は約20名の技術職が、欧州、米国、中国、タイなどに駐在し、現地で設計・開発を行っています。今後積極的に海外展開を進めていくことで、ますます技術職の海外駐在員も増えてくると思います。
回答を閉じる
営業職として、海外で仕事をするチャンスはありますか?
回答を見る
現在、約50名の営業職が海外駐在員として世界で活躍しています。主な業務は営業だけでなく、受発注業務や現地法人の管理・運営、人材育成など。海外赴任が入社何年目からとは決まっていませんが、早い人では入社3年目で赴任というケースもあります。また、駐在以外にも、海外のお客様との打ち合せや市場開拓などで海外出張をするケースも多く、今後さらに増えていくと思います。
回答を閉じる
情報系出身の技術職は、どのように活躍できますか?
回答を見る
現在、CKDは、IoT対応製品の開発・設計に力を入れており、加えて装置や機器を制御するためのソフト開発も自社で行っているため、情報系出身の技術者の活躍の場はますます広がっています。また2018年度、生産現場の効率化を図るための基幹システムを新たに導入しました。製品だけではなく、社内ネットワークの構築・効率化という別の観点からも、その知識の重要性は増しています。
回答を閉じる
化学・材料系出身の技術職は、どのように活躍できますか?
回答を見る
当社では、化学・材料系出身の社員も、出身学科にかかわらず、様々な分野で活躍しています。化学・材料の知識は、機械やパーツにどのような材質が適しているかなど、特性やコストを考える時に必要です。ものづくりにおいて、適切な材質選定や素材開発は、機械設計と同じくとても重要な仕事のひとつと言えるでしょう。また、CKD製品は、機械ばかりではありません。製品の中には樹脂製品も多く、力を発揮する場面は多くあります。
回答を閉じる
異動・転勤の頻度はどれくらいですか?
回答を見る
定期的な異動・転勤は行っていませんが、業務の都合から異動・転勤となる場合もあります。社員一人ひとりの現状から将来の希望を上司と話し合う「自己申告制度」もあり、適性や希望も考慮しています。
回答を閉じる

環境に関して

入社後の教育期間・内容を教えてください。
回答を見る
入社後はまず、新入社員全員で2週間の集合教育を行います。会社に関する知識や社会人として必要なビジネスマナーなどを学びます。配属後は1年間、配属先でOJT教育を受けていただきます。OJT教育と平行して、職種ごとに必要な教育を最適な時期に実施、さらに各部門で用意されている教育カリキュラムも数多く整備されています。
回答を閉じる
有給休暇の取得率はどれくらいですか?
回答を見る
2017年度の有給休暇の取得平均は10.6日でした(最大年間付与日数20日)。有給休暇は、初年度は14日、その後は勤続年数を増すごとに2日ずつ加算され、20日が上限となります。
回答を閉じる
独身寮はありますか?
回答を見る
独身寮はありませんが、通勤が困難な場合は、会社規定で借上寮制度(一定額の会社負担で賃貸マンションやアパートを借りる制度)が適用されます。 原則として、通勤時間が家から勤務地まで2時間以上要する方が適用対象です。特に営業職の方は全国転勤となるため、この制度が適用されるパターンが多くなります。
回答を閉じる
どんな雰囲気の会社ですか?
回答を見る
機械メーカーと言うと、堅いイメージを抱きがちですが、当社はとてもアットホームな雰囲気の会社です。部署ごとに特徴はありますが、社外の方からはよく「温かい会社ですね」と言われます。ぜひ当社の会社説明会やインターンシップに参加いただき、実際に先輩社員と話すことで、皆さん自身で感じとってください。
回答を閉じる
機械メーカーだと、女性社員が少ないような気がしますが、女性にも活躍の場はありますか?
回答を見る
2018年3月末時点で、全従業員数に対する女性比率は約25%。近年の新卒入社者のうち女性が占める割合は30%。女性比率を見ると、まだ女性が少ないということになりますが、仕事においては男性、女性ともに同じステージに立ち、同じように評価されます。実際に営業職では、女性チームリーダーもいれば、入社3年目という早い段階で、希望していた海外トレーニーに抜擢された女性営業もいます。技術職においても、最先端を担う機器製品の設計者や、大きな自動機械装置の要素技術の開発者として活躍する女性エンジニアたちがたくさんいます。CKDには、女性が活躍できる可能性が無限に広がっています。
回答を閉じる

その他

その他の特徴はありますか?
回答を見る
一般的に数値が高いほど企業の健全性が高いとされる自己資本比率ですが、当社は比較的高水準の60%です。また営業利益率も十数年メーカー平均を上回っており、堅実で安定した経営基盤を持つ会社だと思います。
回答を閉じる
内定後のスケジュールを教えてください。
回答を見る
内定後は、夏に内定者懇親会を開催しています。その後、10月第一稼働日に内定式、翌年1月に入社前説明会を実施。4月第一稼働日に入社式、というスケジュールです。
回答を閉じる
PAGETOP