Human Assist

季節による繁閑がある現場の働き方改革を
パワフルアームがアシスト

電設資材・産業機器の販売や、空調関連部材の製造など、幅広い事業を展開する因幡電機産業様。同社の茨城工場では、家庭用エアコンの配管に使われる被覆銅管を製造していますが、この製品は重いもので1つ30㎏近くにもなるといいます。そのため、完成した製品を人力でパレットに積むのはひと苦労です。とはいえ、季節によって生産量が大きく変動するため、この作業を協働ロボットなどを導入して自動化するのは、コストを考えると非現実的。そこで採用されたのが、弊社のヒューマンアシスト製品「パワフルアーム」なのです。

産業用ロボットのプロが選んだ
ヒューマンアシスト製品

茨城県筑西市にある因幡電機産業様の茨城工場。こちらの工場では、空調関係の配管部材の製造や関東地方以北の物流を担っています。

具体的には、家庭用エアコンの配管に使われる被覆銅管が作られていますが、この銅管は重いもので30㎏近くの重さがあります。繁忙期には、出荷のために1日に250~300ケースの製品をパレットに積んでいかなければなりませんが、作業をする方は軽々と積み下ろしを行っていきます。ときには、男性だけでなく、女性の姿も見られますが、そのようなことが可能なのは、積み下ろしに弊社のヒューマンアシスト製品であるパワフルアームが使われているからです。

なお、因幡電機産業様は、空調関連部材、防火部材、給水システム部材などを製造・販売する「自社製品事業」のほか、「電設資材事業」と「産業機器事業」を展開。この内、「産業機器事業」では、産業用ロボットも取り扱っています。つまりパワフルアームは、産業用ロボットを取り扱うお客様にも評価されたヒューマンアシスト製品だといえるのです。

協働ロボットでなく
助力装置を導入した理由とは?

「元々、関東以北への空調関連部材の発送は、福岡県小郡市にある福岡工場から行っていました。しかし、より短いリードタイムでお客様の元に製品をお届けするため、茨城工場から製品を発送することになり、新規でラインを立ち上げることになったのです。しかし、茨城工場は、他の工場に比べると約25名と人手が少なく、製品の積み下ろし作業には何かしらの配慮が必要でした。そこで、女性や力仕事が得意ではない社員もこの作業ができるようにヒューマンアシスト製品の導入を検討したのです」

実際に因幡電機産業様で導入されているパワフルアームと発送する商品の写真

パワフルアーム導入のきっかけについて、同社のご担当者様はこのように振り返ります。

人力による力仕事は、当然、対応できる人が限られます。その結果、特に繁忙期には、同じ人ばかりが作業を続けることになり、大きな負担がかかってしまうのは想像に難くありません。疲労が蓄積すれば、労働災害につながる恐れもあり、積み下ろし作業の負担を軽減させることは、企業としては放っておくことのできない問題でした。

しかし、なぜ、その解決策として、ヒューマンアシスト装置の導入が選択されたのでしょうか?

それは「1つはスペースを有効活用したかったという理由があります。協働ロボットを使うと、安全を確保するために立ち入れないスペースができてしまいますので――。また、空調関連部材の生産は季節によって大きく変動します。それ故、費用対効果を考えると協働ロボットの採用は現実的ではありませんでしたから」とのこと。

つまり、作業負担の軽減効果はもちろん、省スペースやコストといったあらゆるニーズを満たせるソリューションがヒューマンアシスト製品だったのです。

機能性、安全性に加え
用途が広がる可能性も高評価

そして数あるヒューマンアシスト製品の中で、パワフルアームが選ばれたのは「設置面が床側でコンパクトに折りたためることや、装置の関節部分に指が入る隙間がなく安全面に配慮していること」が決め手になりましたが、実際に作業される方からの評判も上々だといいます。具体的には「作業が楽になった」「装置は床面からのアプローチなので、上部スペースを気にせず作業ができてありがたい」「半自動で人が扱う製品なので、挟み込みや誤作動の防止といった細かい部分の配慮が素晴らしく、安心して使える」といった声が挙がっているようです。

また「今回、製品の積み下ろしのために導入したパワフルアームですが、実際に使うと、物を支えたり、保持したり、吊るすことにも力を発揮することがわかりました。きっとアタッチメント次第で、様々な使い方はできるのではないでしょうか? おそらく他社の導入事例などに、いろいろ気づきがあると思うので、CKDにはたくさんの事例を教えてもらいたいですね。いずれにせよ、現在、我々が抱えている課題の中で、パワフルアームを使って解決できるものがないかを検討していくつもりです。アイデア次第で可能性が広がりそうな点も魅力に感じています」という感想をもたれたとのことです。

実際に因幡電機産業様で導入されているパワフルアームで、製品を発送準備をする様子の写真
実際に因幡電機産業様で導入されているパワフルアームで、製品を発送準備をする様子

業界を問わず、工場の中には、自動化装置を導入するほど作業頻度が高いわけではないが、力仕事を余儀なくされるケースが多々あることかと思います。しかし、工場全体の作業効率を俯瞰すれば、こうしたニッチな力仕事が、全体の効率向上を妨げる場合も多いのではないでしょうか。現場に残る力仕事を、工夫によって、安全で負担の少ないものに変え、「みんなで楽しく作業できる職場にしたいものです」と一鷹氏は語ります。こうした職場の課題改善に、パワフルアームは他に代わるものがない効果をもたらせると自信を持っています。

働く人が快適である――
真に安全な作業環境を実現するために

因幡電機産業様では、これまでも機械の安全はもちろん、落下の防止などに取り組み、安全な労働環境の整備を進めてきましたが、今後はそのような取り組みをさらに一歩進めていく考えです。

「従来は労働災害というと機械に巻き込まれる事故などが多かったと思いますが、機械の改善が進んだことで、そのような事故は減少していると思います。その代わり、最近では、人が快適に働ける環境を構築することで、安全性を高めることが求められるようになりました。当社でも、目に見えない人の疲労や作業による身体的な負荷を軽減することは、今後も引き続き取り組んでいくつもりです」

また、パワフルアームの導入の効果は、作業負担の軽減や業務効率化といった直接的なものだけではありません。性別や体力に関係なく、誰でも力仕事に携われる環境を構築できたことは、ダイバーシティを推進する上でも重要です。さらに今回の取り組みが働き方改革の成功事例になり、全社的に「あそこもここも改善しよう」という雰囲気が芽生えているとのこと。因幡電機産業様の働き方改革を、さらに加速させるきっかけになったようです。

因幡電機産業様での使用事例
導入事例①