ソーシャルメディアポリシー

SNS規約

SNS規約

本規約は、SNSをはじめとするソーシャルメディアにおいて、CKDが運用するCKD公式アカウント(以下、「CKD公式アカウント」とします。)の運営に関する規則を定めるものです。CKD公式アカウントは、外部の会社の提供するサービスを利用し、CKDが運営しています。外部の会社の提供するサービスは、CKDのホームページではなく、CKDの管理下にあるものではありません。

規約の適用範囲

  • 1) 本規約は、CKD公式アカウントを閲覧・利用する自然人及び法人に適用されるものとします(以下、公式アカウントを閲覧・利用を行う
      自然人及び法人を「利用者」とします。)。
  • 2) 本規約は、CKD公式アカウントによるCKDからの情報提供、並びに利用者による閲覧・利用 (書き込み、引用、削除、
      その他あらゆる利用形態を含むものとします。)に適用されるものとします。
  • 3) CKD公式アカウントを閲覧、利用した場合は、本規約に利用者が同意したものとみなすこととします。

禁止事項

  • CKD公式アカウントの利用者は、利用に際し、以下の行為(そのおそれのある行為を含みます)を行ってはならないものとします。
  •  a) CKD、他の利用者その他の第三者の権利・利益を侵害する行為
  •  b) CKD、他の利用者その他の第三者を誹謗中傷し、侮辱し、名誉、信用、プライバシー等を棄損し(CKD、他の利用者その他の第三者の
       メールアドレス、電話番号、住所等の個人の特定につながる情報を開示する行為を含む)、又は業務を妨害する行為
  •  c) 公職選挙法に違反する行為
  •  d) 宗教団体その他の団体・組織への加入を勧誘する行為
  •  e) 出資、寄付、資金提供または物品若しくはサービスの購入等を勧誘する行為
  •  f) CKDが不適切と判断する他のウェブサイトを紹介し若しくはその閲覧を勧誘する行為又はCKD公式アカウントの掲載内容を
      ファイルのダウンロードとして利用する行為
  •  g) CKD公式アカウントを通じて得た情報を営利目的に流用する行為
  •  h) CKD公式アカウントの利用を通じて、CKD、他の利用者その他の第三者に対し、コンピュータのソフト・ハードの正常な機能を
      阻害するウィルス等の有害なプログラムまたはファイル等を発信する行為
  •  i) 正当な権限なしに情報・コンテンツを掲載する行為
  •  j) CKD公式アカウントにおける、CKDからの情報提供、利用者の閲覧・利用を阻害する行為
  •  k) CKD公式アカウントに対し、ハッキング等の不正行為によりアクセスする行為及び全部又は一部を監視若しくは複製する行為
  •  l) a) ~ k)に定める他、SNS提供会社の定める利用規約、公序良俗、法令若しくは刑罰法規に違反し、またはその他CKDが不適切と判断する行為

削除及び利用制限

CKDは、本条下記各号に定める事情があると判断した場合、当該利用者による書き込みを削除・修正し、又は当該利用者に対しアクセス制限その他CKD公式アカウントの閲覧・利用を制限することができるものとし、利用者はこれに異議を唱えないものとします。

  •   a) 書き込み、引用の目的が達成されるなどして、CKD公式アカウントへの掲載を続ける必要性がなくなった場合
  •   b) 利用者が本規約に違反した場合
  •   c) a)b)に定める他、書込内容の削除・修正が必要な場合

警告

他の第三者に有形無形の損害を与えた場合、当該利用者はこれを自己の責任と負担において賠償その他の解決をはかるものとし、CKDに一切の負担を負わせず、迷惑をかけないものとします。

免責

  • a) CKDは、CKD公式アカウントを通じて利用者により提供される情報について、その内容を保証または認可したものではありません。
      従って、その内容を信用したことにより利用者に損害等が生じた場合にもCKDは一切責任を負いません。
      CKDの公式発表・見解については、CKD発行のプレスリリース等にてご確認ください。
  • b) CKD公式アカウントに寄せられた利用者からのコメント、お問い合わせについてはその全てにご回答するものではありませんので
      予めご承知おきください。

権利帰属

  • a) 利用者がCKD公式アカウントを通じて掲載した情報についての著作権(著作権法27条及び28条に規定する権利を含む)及び
      その他一切の知的財産権は全てCKD株式会社に帰属し、また利用者はこれについて著作者人格権を行使しないものとします。
      当該権利の帰属及び放棄について利用者には対価を請求する権利はありません。
  • b) 利用者は、権利者の許諾を得ないで、CKD公式アカウントを通じて提供される如何なる情報についても
      著作権法で許容される範囲を超えた利用をすることはできません。特に、CKDの許可を得ない営利目的のための使用は禁止します。

規約の変更

CKDは利用者の同意を得ることなく本利用規約の内容を変更することができるものとします。この場合、変更後の本規約はCKDがホームページへの掲載その他の方法により公表した時点で当然に効力が生じ、以降利用者は変更後の本規約の適用を受けるものとします。

管轄裁判所

利用及び本規約に伴う紛争については、名古屋地方裁判所が第一審の専属管轄権を有するものとします。