閉じる
CKDロゴ
日本語 English 中文
軽やかに力強くサポート

腰痛は職業性疾病のうち6割を占める労働災害です。重量物の運搬作業は日常的に行われることであり、パワーアシスト、バランサなどの補助機構を利用した、自立式助力装置やスーツ式助力装置を使い負担軽減を図っています。私たちCKDも空気圧を活用し“すべては「働く人」のために”を合言葉に、労働環境の改善に向けてヒューマンアシスト機器として新しい機構を提案してまいります。

従来の助力機構の悩み

Compact

コンパクト

多軸仕様で、折りたたみ格納が可能なため、アーム式、ベルト式に比べ、収納性が高くコンパクト。

Wide

使い方に合わせた、広い可動範囲

単軸仕様でも、多軸仕様でも、お客様の使われる用途・場所により、自由な組み合わせが可能。

多軸仕様において、同じ荷重ならばスカラー軸を利用することで、より広範囲な可動が可能。

Light&Strong

軽量なのに、高剛性

空圧シリンダを本体の一部として利用。
小形・軽量を実現しつつ、曲げやねじり剛性を向上。

Easy

高い操作性

重心位置が操作する人に近いため、操作が簡単。可動部質量が軽く、慣性が少ないため、高い操作性を実現。

操作ハンドル

関節部には、操作ハンドルを装備。
アームの操作性を向上させ、可動部分に触れることなく、簡単・安全にアームの操作が可能。

活用例(動画)

カタログPDF

パワフルアームPFB2シリーズ

カタログ(3.1MB)

関連商品

お問い合わせ

閉じる
(C)CKD Corporation All rights reserved.