閉じる
CKDロゴ

冷凍式エアドライヤ・チラー(水冷却装置)をご使用のお客様へ


簡易点検はどんな点検内容なの?

点検対象および点検頻度
簡易点検(専門業者のアドバイスによる)
対象機器 すべての機器
  点検頻度 3ヶ月に1回以上
定期点検(十分な知見を有する「有資格者」が行う)
対象機器 圧縮機電動機定格出力
7.5kW以上
50kW未満
のエアコン
50kW以上
のエアコン
7.5kW以上の
冷凍・冷蔵機器
点検頻度 3年に1回
以上
1年に1回
以上
1年に1回
以上

どんなことが求められるの?

改正フロン法(フロン排出抑制法)において地球温暖化とオゾン層破壊の原因となるフロン類(CFC、HCFC、HFC)の排出抑制のため、
業務用エアコン・冷凍冷蔵機器の管理者には、機器およびフロン類の適切な管理が義務付けられています。
違反または虚偽があった場合、管理者へ罰則が科されます。

もし違反すると?

例えば・・・ 点検を怠って、充填されているフロン類を
みだりに放出してしまうことは、法律で禁じられています。
もし違反すると・・・ 1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処されます。

メンテナンスについてのサービスを開始!

冷凍式エアドライヤ・チラーの簡易点検については、

「改正フロン法(フロン排出抑制法)に対応した冷凍式エアドライヤ・チラーの健康診断」へ


※この法律に関する詳しい情報はこちら(出典:環境省ホームページ)

閉じる
(C)CKD Corporation All rights reserved.