IR情報

株主の皆様へ

株主の皆様へ

株主の皆様には平素より格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、雇用情勢や所得環境は改善が持続し底堅く推移しているものの、その伸びは鈍化いたしました。企業収益は中国向け輸出低迷などから製造業で下振れ、企業の設備投資も先送りの動きがみられました。

また、海外経済は、米中両国の関税引き上げによる影響から、米国では中国向けをはじめ輸出は減少しましたが、雇用・所得環境が消費を下支えし、内需は堅調に推移いたしました。一方、中国では政府の投資抑制の影響から内需回復が遅れていることに加え、米国向け輸出の減少などから成長が減速いたしました。また、欧州では輸出の減少から製造業の低迷が続きました。

このような状況のもとで、自動機械部門においては、自動包装システム用交換パーツの売上高増加と収益性改善により利益が増加いたしました。機器部門においては、半導体設備投資の延期に加え、中国経済減速の影響を受け、国内外でそれぞれ売上高と利益が減少いたしました。

その結果、当社グループの当第2四半期連結累計期間の業績は、売上高47,382百万円(前年同四半期比21.6%減)、営業利益1,130百万円(前年同四半期比62.0%減)、経常利益1,087百万円(前年同四半期比63.6%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益683百万円(前年同四半期比69.4%減)となりました。

通期の業績予想につきましては、機器部門では米中貿易摩擦の長期化に伴う影響などはあるものの、延期されていた半導体設備投資が一部再開されることなどより、売上高及び利益の増加が見込めます。また、自動機械部門では、取り組んできた収益性改善による利益の増加が見込めることから、当社グループの売上高、営業利益、経常利益、当期純利益ともに前回予想を上回ると見込まれるため、2019年8月6日に発表いたしました通期連結業績予想を修正いたしました。

併せて、中間配当につきまして直近の配当予想から修正いたしました。詳細につきましては、「第2四半期累計期間の業績予想と実績との差異及び通期業績予想の修正に関するお知らせ」「剰余金の配当(中間配当)の決定に関するお知らせ」をご覧いただきますようお願い申し上げます。

株主の皆様におかれましては、引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2019年11月

代表取締役社長
梶本 一典

代表取締役社長
梶本 一典